フラット35の審査期間(日数)について

1406929_calculator

フラット35では、本来、金融機関、そしてフラットのサービスを提供している住宅金融機構で審査が行われることになっており、「甘くて早い(笑)」と言われているフラットの審査は、実際のところ、フラットの審査期間(日数)はどうでしょうか?

個人差はあると思いますが、早速、筆者のケースを具体的に説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

フラット35の審査を申し込みした時の状況は以下のようになっております。

年齢 35歳

年収 650万円

審査時の融資金利(約1.9%)(※)

フラットのタイプ/フラット35

支払い期間 35年

金利タイプ/固定金利

返済方法/元利均等

借り入れ総額/4300万円

ボーナス払い/なし

東京都23区内

土地/3,000万円

建物(4LDK)/1,700万円

頭金/約400万円

就労状況/転職して2年目

その他のローンについて/なし

物件引渡し日/審査後、約4ヶ月後

家族構成/妻1(専業主婦)、子供2

月々の返済額/約13万円

※審査時と融資実効金利は異なります。融資実効金利は引渡し時に決定となります。

ご覧頂いてお分かりの通り、頭金が少ないこと、転職して2年目というところが、筆者のウィークポイントでした(^^;)

また、フラットで重要と言われる審査基準である年収負担率は審査時の低金利もあり、25~30%内に収まっていることから、不動産会社の方も「年収負担率からすると、あと500万円上の物件でも大丈夫ですよ?」なんて言われましたが、筆者は固定費を増やしたくなかったので、笑顔で断りました(笑)

さて、肝心の審査にかかった期間(日数)ですが、当初は7~10日程度と言われていましたが、予想通り、筆者の場合、就労状況が引っ掛かったのか、

○源泉徴収票

を提出した後に、さらに追加で!

給与が振り込まれていた実績が分かる

○記帳済みの銀行通帳のコピー

○給与支払い証明書(会社の経理部の給与担当者の捺印あり)

の提出を求められました。

このときは、筆者の妻が「もしかして、だめなんじゃない・・・」なんて言いながら、かなり不安がっていたのを憶えています。

と不安がっていたところ、フラット35の申請から約2週間ほど経過したところで、金融機関の担当の方から「審査通過」の連絡を頂きました。

筆者の場合は、追加で書類の提出を求められたことから、やや時間が掛かりましたが、審査基準を満たしていれば、通常は7~10日といったところではないでしょうか。

スポンサーリンク