ダイナシティ台東三ノ輪 (1LDK)の維持費・生活費のまとめ-中古分譲マンションの管理費・保険料・固定資産税など-


地図/グーグルマップ

中古分譲マンションの「ダイナシティ台東三ノ輪 (1LDK)」を購入する場合の維持費についてまとめました。

では、早速、見ていきましょう。

ダイナシティ台東三ノ輪 (1LDK)のスペック

マンション概要
総戸数48戸
価格約2900万円
構造・階建てRC11階建
敷地の権利形態所有権
間取り1LDK
完成時期(築年月)2007年11月
駐車場

東京メトロ日比谷線「三ノ輪」から徒歩5分圏にある中古分譲マンション。

周辺環境は上野動物園や一葉記念館などの人気スポットだけでなく、病院やスーパーなどの生活に必要な施設が近くにある他、下町ならではの飲食店を堪能できるグルメエリアです。

東京メトロ日比谷線「三ノ輪」歩5分の利便性の高い中古分譲マンションになっています。

ダイナシティ台東三ノ輪 (1LDK)の維持費のシミュレーション

維持費(1ヶ月)備考
住宅ローン支払い0円~140,000円約20年で住宅ローンを契約したとして試算
※0円は住宅ローンの残額がゼロの場合
(返済額シミレーションは下記参照)
マンション管理費11,940円天災による大規模修繕などがあると変更になる可能性があります。
マンション修繕積立金4,600円グレードアップ工事などにより変更になる可能性があります。
電気・ガス・水道代7,300円~11,300円〇電気代/35,000円~40,000円(年間平均)÷12=約3,300円
〇ガス代/冬:約4,000円/夏:約2,000円
〇水道代/約2,000円
参考/総務省統計局「家計調査」
固定資産税/都市計画税6,666円~10,000円年間約80,000円~120,000円
毎年1/1時点で保有する建物と土地に課税
インターネット接続料4,000円~6,000円プロバイダ料金、回線使用料など
参考/総務省統計局「家計調査」
スマホ利用料4,000円~10,000円大手キャリアで試算
食費
その他生活費
25,000円~80,000円〇自炊、外食費含む(月額20,000円~60,000円)
〇被服費・医療費・日用品費など(月額5,000円~20,000円)
火災保険料666円~1,166円80,000円~140,000円/10年間
参考/火災保険一括見積もり
生命保険・医療保険など3,000円~20,000円総務省統計局「家計調査」などから算出
参考/保険トレンド
自動車税
自動車保険料(任意)
ガソリン代
駐車場代
29,708円~72,583円〇自動車税/年間34,500円~51,000円/排気量によって変動
〇自動車保険料(任意)/20~60歳/6~10等級/車両保険なし(年間30,000円~90,000円)
参考/無料の自動車保険一括見積もりサービス
〇ガソリン代/年間10,000km走行/レギュラー燃費
10.0 km/L~25 km/L(車種によって変動/年間52,000円~130,000円)
〇駐車場代/(月額20,000円~50,000円)/専用駐車場なし
合計(月額)96,880円~367,589円
自動車を保有していない場合の合計(月額)67,172円~295,006円

マンションにかかる固定費として、住居費、電気光熱費、通信費、生活費、医療費、自動車関連費用、税金などをピックアップしました。

個人差が大きい費用もあると思いますので、それぞれ「家計調査」などをベースに幅をもたせてシミレーションしてみました。

また、ちょっとしたアイデアや工夫で安くできる費用に関しては、下記にて取り上げておりますので、参考にしていただければと思います。

ダイナシティ台東三ノ輪 (1LDK)を住宅ローンで購入した場合の金利別支払いシミレーション

〇20年払いで購入した場合の月額支払金額の目安

住宅ローンの金利/20年払い
(ボーナス返済なし/元利均等)
1.5%2.0%
ローンの残額/1,000万円月額/48,255円
総額/1,158万円
月額/50,588円
総額/1,214万円
ローンの残額/1.500万円月額/72,382円
総額/1,737万円
月額/75,883円
総額/1,821万円
ローンの残額/2,500万円月額/120,636円
総額/2,491万円
月額/126,471円
総額/3,035万円
ローンの残額/3,000万円月額/144,764円
総額/3,474万円
月額/151,765円
総額/3,642万円
ローンの残額/4,000万円月額/193,018円
総額/4,632万円
月額/202,353円
総額/4,856万円

〇35年払いで購入した場合の月額支払金額の目安

住宅ローンの金利/35年払い
(ボーナス返済なし/元利均等)
1.5%2.0%
ローンの残額/1.500万円月額/45,928円
総額/1,928万円
月額/49,689円
総額/2,086万円
ローンの残額/2,500万円月額/76,546円
総額/3,214万円
月額/82,816円
総額/3,478万円
ローンの残額/3,000万円月額/91,855円
総額/3,857万円
月額/99,379円
総額/4,173万円
ローンの残額/4,000万円月額/122,474円
総額/5,143万円
月額/132,505円
総額/5,565万円
ローンの残額/5,000万円月額/153,092円
総額/6,429万円
月額/165,631円
総額/6,956万円
ローンの残額/6,000万円月額/183,711円
総額/7,715万円
月額/198,758円
総額/8,347万円
ローンの残額/7,000万円月額/214,329円
総額/9,001万円
月額/231,884円
総額/9,739万円
ローンの残額/8,000万円月額/244,948円
総額/1億287万円
月額/265,010円
総額/1億113万円
ローンの残額/9,000万円月額/275,566円
総額/1億157万円
月額/298,136円
総額/1億252万円

住宅ローンの借入金額をどれくらいにすればいいの?という方は、下記の記事などを参考にしていただければと思います。

参考/「住宅ローンを多めに借りる方法とメリット・デメリット

参考/「頭金なし(ゼロ)の住宅ローンを組んで家を買うメリットとデメリット

『最高価格』で不動産を売却する方法

マンションや持ち家を売却するなら、できるだけ高く売りたいですよね。

不動産は景気やエリア、買取方針、物件の状態などで査定価格が変わってくるため、500万円~1,000万円以上の"価格差"を引き出すためにはアイデアが必要になります。

その秘訣は不動産会社どうしで価格を競争してもらうこと。

そして、大きな「価格差」を"簡単に"引き出すためには、ネットを利用した一括査定サービスが打ってつけです。

約1分の無料登録を行って「査定依頼(無料)」をすれば、あとは待っているだけ。 もちろん、キャンセル料も必要ありません。

不動産売却の一括査定「マイスミEX」へ進む>>

インターネットやスマホなどの通信料金を格安で契約する方法

インターネットやスマホ料金を格安で契約する方法は複雑怪奇と呼ぶにふさわしく、調べはじめると、どこまでも続く地平線のように終わりが見えないのですが、思い切ってシンプルにまとめると、下記の3つのタイプに分かれます。

利用の目安通信料を安くする方法
ヘビーユーザー音楽やゲーム、youtubeなどを日常的にお得な光回線を引く
参考/So-net 光 コラボ
普通に使うLINE、インスタ、facebookなどWiMAXなどのモバイルWiFiを利用してネットに接続する
参考/業界最安!【Yahoo! WiFi】
ほとんどネットをしないメールやLINEぐらい格安SIMの「データSIMプラン」もしくは「通話SIMプラン」を利用する
参考/初期費用0円!格安スマホ【UQモバイル】

〇注意点1 ~自分に合ったプランを考えよう~

携帯キャリア、プロバイダー、格安SIMなど一気にすべてを切り替えるのは確かにすごく安くなったりすることがありますが、自宅マンションでのセットアップや手続きなどは本当に大変です・・・。

大きなキャッシュバック金額に惹かれてアレもコレもとまとめて加入し契約したものの、月額費用で”ならすと”、それほど得じゃなかったということもあったりします。

〇注意点2 ~できる限りネットで申し込もう~

ショッピングモールや家電量販店の店頭では毎週のようにネットの乗り換えキャンペーンなどを行っていますが、実はほとんどの場合、店頭よりネットで申し込んだ方がお得です。

なぜなら、店頭でのキャンペーンは人件費などのコストがかかることがあり、ネットに比べるとどうしても不利な価格にならざるを得ないからです。

引っ越しを少しでもお得に済ませる方法

つい先日、筆者が「引越し侍予約サービス」のサイトで複数の引っ越し会社に見積りを依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の価格差が、全く予想外の9万6千円にもなりました。

どこでも同じかな・・・と思っていましたが、比較をしてから決めて、本当に損せずに済みました。

申込は最短1分で完了。あっという間に安く引っ越しできる業者を予約することができます。

参考サイト/「引越し侍予約サービス

火災保険料にお得に加入する方法

マンション購入の際に加入する火災保険ですが、不動産会社がすすめてくれる火災保険が必ずしも安いとは限りません。

保険会社、購入物件などにより保険料が、かなり変わりますので、インターネットの一括見積サービスなどを利用して、保険料をじっくりと検討したいところです。

また「補償内容」も見逃せません。

最近の火災保険は、水害への保険や個人賠償責任保険による自転車事故での賠償にも備えることができたりしますので、よ~く比較検討したいところです。

参考/「火災保険一括見積もり

生命保険・医療保険の保険料を安くする方法

社会人になって営業を受けて、なんとなく勧められるままに加入しているという人も多い「生命保険」や「医療保険」

そんな保険ですが、こんな声があるのはご存知でしょうか。

「国民皆保険が広く普及している日本では、医療保険は不要だ!」

「保険会社の経営者は保険よりも人間ドックにお金をかけている!」

保険は自分の万が一に備えるための手段の一つにすぎませんので、必要があれば、一度、専門家に意見を聞いてみるというのも一つのアイデアです。

参考/「保険トレンド

任意で加入する自動車保険料について

任意で加入する自動車保険については、定期的な見直しが欠かせません。

ドライバーの使用目的や、年齢、家族構成、走行距離、特約の見直しなどにより保険料が、かなり変わります。例えば、自動車保険の保険料を安くするには、下のような方法があります。

自動車保険料を安くする方法内容
インターネットによる保険料見直し一括比較時間や手間はもちろん、そのままにしておくと高いままだった自動車保険料を簡単に安くすることが出来る
代車特約、弁護士費用特約など特約の見直し家族の中で弁護士特約が”重複”しているときは、誰か一人の保険に残すだけで事足ります。
自動車保険の加入条件の確認と申告車の使用目的が「週末だけのレジャー」使用になっただけでも、保険料を安くすることができたりします。
車両保険の内容を見直し免責金額付き車両保険であれば、軽い事故と重い事故、それぞれに対応できるというメリットを享受したまま、保険料を安くできる。
人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の見直し契約車両に搭乗中の事故のみ補償する「車内のみ補償」に切り替えることで、保険料を下げることができる。
親や配偶者などの家族から高い等級を譲渡や交換してもらう等級が高い高齢ドライバーの等級と若い家族のドライバーの等級を”交換”するという方法で保険料を下げることができる。

インターネットの一括見積サービスなどを利用して、補償内容と保険料をじっくりと検討したいところです。

参考/「無料の自動車保険一括見積もりサービス

引っ越しするにあたってクルマの売却を考えている方へ

車を手放すときに、利用されているのはディーラーへの下取りです。しかし、このディーラーへの下取り、実は大変な損をする可能性があるのはご存知でしょうか。

ディーラーは車を売ることが専門で、買い取りではとにかく安い値段で買い取ろうとします。自分の愛車を最も高く売る方法は、複数の買取専門の業者で査定してもらい「比較」することです。

特に複数の業者を簡単に比較できるインターネットを利用した「一括査定サービス」を使えば、ディーラーへの下取りに比べると、30万円~60万円高い査定額が出ることも珍しくありません。

まずは、愛車の価値がいくらで売れるか調べてみましょう。

参考サイト/「かんたん車査定ガイド

引っ越しを機に整理したい・・家電や着物、ブランド品の売却を考えている方へ

引っ越しをするタイミング、持ち物を整理したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

少しでも荷物を少なくなれば、引っ越し料金も安くなりますし、整理したい品物を売却すれば、手持ちの現金にも余裕が生まれます。

特に業界最大手のスピード買取.jpでは、最短30分で出張買取に来てくれる他、買い取り金額他店より安ければ全品返却をすることもできますので、試してみる価値は十分にあると思います。

参考サイト/「スピード買取.jp

『最高価格』で不動産を売却する方法

マンションや持ち家を売却するなら、できるだけ高く売りたいですよね。

不動産は景気やエリア、買取方針、物件の状態などで査定価格が変わってくるため、500万円~1,000万円以上の"価格差"を引き出すためにはアイデアが必要になります。

その秘訣は不動産会社どうしで価格を競争してもらうこと。

そして、大きな「価格差」を"簡単に"引き出すためには、ネットを利用した一括査定サービスが打ってつけです。

約1分の無料登録を行って「査定依頼(無料)」をすれば、あとは待っているだけ。 もちろん、キャンセル料も必要ありません。

不動産売却の一括査定「マイスミEX」へ進む>>