フラットで契約した新居に引っ越し後、購入したクーラーの選び方とランニングコストについて

フラット35を利用して都内に一軒家を購入しましたが、以前の賃貸のマンションに比べて、子供たち用と来客用の部屋数が増えたこと、リビング・ダイニングが広くなったことから、新たにクーラーを購入することになりました。ちなみに予算は20万円。

スポンサーリンク

LDKの間取りが木造の約18畳ということで、早速カカクコムや楽天などのサイトで、その間取りに対応した「クーラー」を探してみますが、最新のモデルは予想通り、値段が高い‥。本体だけで軽く予算オーバーだし‥。その上、工事代は別だし‥。

ということで、最新のモデルは諦めて、昨年または一昨年のアウトレット狙いに変更することに。

ここで、家内と相談して決めたクーラー購入のポイントを洗い出します。

○ランニングコストを抑えるためのエコな機能→部屋が広くなったので、電気代が気になる(^^;)

○本体価格と工事施工費込みで予算は20万円に抑える→最新モデルは無理・・。

○フィルタの交換が容易あるいは掃除が簡単→すでに使用している年代モノのクーラーはフィルタの清掃が大変なので・・・。

○空気清浄機つき→小さい子供がいるのと、猫を飼っているため、リビングの空気をできるだけ綺麗にしたい。

○本体カラーは白

○保証期間5~10年

以上のポイントは譲れないポイントとして、週末に早速、秋葉原へ!

私たちがクーラーを買いに行ったのが、5月の中旬だったのですが、どこの電器屋さんもすでに4月前のクーラー商戦で昨年や一昨年の手ごろなモデルは完売しているとのこと・・。

複数の店員さんに聞いた話では、クーラーというか、エアコンは転居などが盛んになる2月~3月で一回目の需要の山があるそうです。また、2月、3月と言えば、企業の決算期でもあることから、その時期は企業側としても、できるだけ在庫を捌きたい時期ということで在庫を多く抱えているような機種によっては値段も思い切った値下げに踏み切ることもあるそうです。

つまり、クーラー(エアコン)を探しにいくタイミングとしては、2月~3月は一つの狙い目なのかもしれません。

とは言え、私たちが買いに行った5月も「早期割引対象」になっていることが複数の店舗で見られ(大体5/31までだった)、暑さ本番の6月~8月といった時期に比べると、少しは安く買える時期だったとのことです。

店員さんの話では、6月や8月(お盆前まで)は「放っておいても売れる時期」だそうで、実際のところ、クーラーを値引き販売することはあまりないそうです。(他社との競争や機種によってはあるそうです。)

そうして複数の店舗を探し回ること数時間、私たちの条件を満たすクーラーがありました!!

そのクーラーは2年前に発売されたダイキンのクーラーで、5年保証つき、工事費込みで約19万円といった掘り出し物でした。(そこから、値段の交渉をして、もう少し値下げしてもらいましたが(^^;))

私たちが購入したのは、2011年モデルの20畳~23畳で使用するタイプで、電気代を抑えるエコ機能、フィルタの自動洗浄機能つき、空気洗浄機能、本体カラーは白、保証期間5年というモノでした。さらに、加湿と除湿機能という嬉しい機能もついていました。

ネットではすでにどこも在庫なしという状況で、値段の比較はできませんでした・・。

その店舗でもその2011年の一つ下のモデルはすでに完売となっており、私たちが購入したクーラーも在庫は残りわずかということで、そのクーラーで決定しました。

○クーラーの施工・取り付けについて

購入後、3~4日で施工・取り付けてもらいましたが、これも6月~8月だと購入後、1週間や10日ほど待っての施工・取り付けになることもあるということなので、やはり繁忙期を避けた方が無難ですね。

取り付けの作業時間については、ほぼ2時間ほどで完了しました。

ただ、この施工時の注意点としましては、クーラーと室外機をつなぐホースやホースカバーで、まずホースは距離が足りない場合は、その分、部材費として追加の請求があります。スムーズに繋げられた場合は問題ありません。また、ホースカバーがないと、あのウネウネしたホースがこれ見よがしに外観を損ねようとしますので、見た目の美しさとして、ホースカバーも手配できる場合は、した方が良いと思います。

もう一点、室外機ですが、これも置く場所は事前に考えておいた方が良いです。実は、室外機はあまり日当たりがいいとことに置いておくと、当然、熱を帯びてしまい、その分、電力消費量が増えてしまいます。ですので、日当たりがあまりよくない場所か、止むを得ず日当たりが良い場所しか難しい場合は、「室外機カバー」などをかけて、室外機にかかる負担を減らしてあげるといいでしょう。

【まとめ】

電器屋さんの店員さんの話では、広い間取り(20畳前後)用のクーラー(エアコン)が本格的に発売が始まったのは、2007年とか2008年頃だそうで、中でも性能的にはダイキンや三菱電機がちょっとリードしてるかなぁとのことでした。(シャープや富士通ゼネラルなどもありますが、複数の店員さんが同じようなことを言ってました。2013年時点) 夏は扇風機と併用すれば、より涼しく、より節約できるとのことでした。

スポンサーリンク