一戸建てのインターネット回線の賢い選び方について

一戸建てのインターネット回線について

一戸建てのインターネット回線を考えるとき、現在は様々な選択肢があって、悩みますよね・・。

今回は、そんな一戸建てのインターネット回線について、選択肢と、それぞれのデメリットとメリットをまとめてみました。

では、早速、見ていきましょう。

一戸建てのインターネット回線の選択肢

まずは、現在、下記のテーブルをご覧ください。

インターネット接続の方法メリットデメリット
光回線テレビ、PC、タブレット、モバイル、ブルーレイなどで複数の端末で利用可。回線工事あり
通信速度が早い月額のコストが高い
自宅の回線とスマホのキャリアをセットでお得なプランも家の中でしか使えない
モバイルインターネット回線工事不要通信速度に制限あり。
月額費用が安い。家の外でも使える複数の端末で回線を共有して使うのは現実的には難しい

それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

まず、光回線を引いた場合ですが、最近は、スマホのデータ通信もwi-fi経由でする方が多いと思いますので、自宅に光回線を引けば、スマホも自宅の光回線からwi-fi経由で接続することができますので、快適にネットを使うことができるようになります。(データ転送量も気にする必要はありません)

例えば、光回線を引いた場合は、家族の一人がテレビでオンデマンドで映画を見ながら、別の一人が、無線のwi-fiを利用してノートPCでYoutubeの動画を見て、さらに、別一人がが無線のwi-fiを利用してスマホでオンライン・ゲームを楽しむといったことが可能になります

さらに、ブルーレイやハードディスクと持ち運び用のテレビを利用すると、家のどこでも好きなところで、録画したテレビ番組や映画を見たりするということが可能になります。

また、スマホで撮影した動画を家の中のwi-fiを利用して、大画面のテレビで再生したりといったこともできたりします。

ただ、光回線を引いた場合は、

・プロバイダー料金
・電話回線の基本料(固定電話を設置した場合)
・ケーブルテレビに加入していればケーブルTVの料金

などが月額で必要になってきますので、モバイルインターネットに比べると、費用面ではどうしても割高に・・。

また、家の中だけでしか使えないという点と、最初に回線工事が必要になるというのも、モバイルインターネットに比べるとデメリットと言えるかも知れません。

一方、wimaxのようなモバイルインターネットを利用した場合ですが、こちらは、何といっても工事が不要なところと、自宅以外でもネットが利用できるところ、そして何といっても光回線を自宅に引くよりは費用が安いというところが最大のメリットになっています

ただ、その分、回線の利用には、制限がありまして、自宅で家族がそれぞれ、テレビ、スマホ、ノートPCという複数端末で一つの回線を利用するのは、現実的には難しいです。

具体的には、インターネット回線が重くなったり、そもそも繋がらなかったり、落ちたりと不具合を感じることが多いです。

では、どんな家庭にwimaxのような広域無線通信が向いているかと言えば、一戸建てに奥さんと旦那さんの2人だけで住んでいて、あまり自宅ではデータ通信が膨らむほどネットはしないという家庭や、あるいは独身の方が一人で住まれている場合で、ノートPCやスマホで毎日、少しネットをするぐらいであれば、問題ないと思います。

一戸建てのインターネット回線とスマホの料金について

現在、ほとんどの方がスマートフォンなどの携帯端末を持っていると思いますが、例えば、自宅の光回線に加えて、スマートフォンを同じ会社にした場合、料金が割引になるサービスを様々な会社が出しています。

例えば、ソフトバンク、NTT docomo、AUがそれぞれサービスを展開しています。

ソフトバンクのスマート値引き

NTT docomoの光パック

auスマホをお持ちならセットでお得!【So-net 光 (auひかり)】

つまり、自宅の光回線を引くときは、自分の携帯キャリアにあわせるか(例えば、auの携帯を使っていれば、自宅の光回線もauひかりにする)、あるいは、光回線にあわせて家族の携帯電話のキャリアを変えたほうがお得ということになります。

PC、タブレット、スマホなどの端末の利用状況や各社の条件によっても異なりますが、月々1,000~4,000円の割引が受けられますので、うまくいけば、年間で50,000円近くお得になる場合があります。

また、さらにSo-netとauひかりのようにプロバイダー経由で申し込むと、さらに工事代サービスやお得な特典がついてきたりするので、プロバイダー経由で探すというのも一つの手です。

高速モバイルインターネットについて

wimaxに代表される高速モバイルインターネットも、現在、様々な会社が参入しておりまして、費用もどんどん安くなっています。

代表的なサービスには、So-netやGMOグループ、yahooなどが展開しているサービスがあります。

【So-net モバイル WiMAX 2+】

PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)

【Yahoo! WiFi】お申し込み・詳細はこちら

光回線に比べますと速度は劣りですが、最近では、モバイルインターネットもかなり回線が安定していますし、早くなってきていますので、外でノートPCやタブレットを使ってインターネットに接続したいという人にもいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

「一戸建てのインターネット回線の賢い選び方について」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク