任意売却はどこに相談すればいいのか?

building-789659_640

任意売却の相談先と言うと、銀行、不動産屋、弁護士や司法書士などの専門家などが思い浮かびますが、任意売却の相談は誰に行うのがいいのでしょうか?

今回は、任意売却の相談先について説明したいと思います。

任意売却の中心は不動産会社

任意売却をすることを決心すると、任意売却に向けて、様々な利害関係者が動き始めますが、実際に、住宅ローンの支払いを断念する債務者は実は、任意売却を進めるにあたって、何かを交渉するといったことは基本的にありません。

正確に言えば、債務者が自分で任意売却の交渉を利害関係者と進めることはできますが、現実的には専門知識やノウハウなどを考慮しますと難しいというのが現状です。

では、一体誰が任意売却では中心となって動くのかと言いますと、それは不動産会社になります。

下は、任意売却を委託したときの不動産会社の業務のイメージです。

soudan01

不動産会社は任意売却を債務者からの委託を受けた後、銀行や保証会社などの債権者との交渉、税金などの滞納があれば税務署や市税事務所との交渉、任意売却を行った後の無担保債権を買い取る債権管理回収会社との交渉、そして、契約などで必要な弁護士や司法書士や新しい買い手への広告・営業といった業務を行います。

また、イメージにはありませんが、連帯保証人がいれば連帯保証人との交渉なども行います。

つまり、任意売却を誰に相談するのが最もふさわしいかということになりますと、それは不動産会社ということになります。

不動産屋にも色々な種類がある

では、不動産会社であれば、どこでもいいのでしょうか?

決してそんなことはありません。むしろ、専門的な知識が要求されますので、任意売却に特化しているような不動産会社にお願いするべきです。

実は不動産会社の中にも、得意分野とそうでない分野がそれぞれの会社にありまして、不動産会社には、例えば、下記のような会社の種類があります。

〇賃貸が得意な会社

〇中古戸建て専門の不動産会社

〇中古分譲マンション専門の不動産会社

〇新築分譲マンション・戸建て専門の不動産会社

〇買い取り専門の不動産会社

〇投資物件専門の不動産会社

〇商業不動産専門の不動産会社

〇任意売却専門の不動産会社

それぞれの会社が他の業務を行わないということはもちろんないのですが、賃貸専門の会社が投資物件や任意売却を手がけるということはあまり聞いたことがありません。

そして、賃貸専門の会社に任意売却をお願いしても断られるか、あるいは不慣れなためにトラブルが続出するといったことにもなりかねません。

任意売却は、中古住宅の売却という部類に入りますが、通常の売却以上に専門的な知識やノウハウを要求されますので、任意売却を相談する場合は、できれば、任意売却の実績が豊富な不動産会社(参考/任売ナビ)にお願いするのが任意売却で失敗しないコツになるかと思います。

銀行や弁護士・司法書士は相談しない方がいい?

銀行や住宅金融支援機構はこれまで住宅ローンの元の資金を融資してくれた存在ですから、任意売却をするまでに、債務者は何度も債権者と支払計画について相談してきたことと思います。

しかし、任意売却となると話は少し複雑になってきまして、例えば住宅金融支援機構は、平成24年に住宅金融支援機構の嘱託社員が、任意売却の斡旋を特定の不動産会社に行うことで、賄賂を受け取っていたという事件があって以来、任意売却を希望する人に特定の不動産会社を斡旋することを禁止しています。

任意売却では、債権者と不動産会社の関係は良好である方がスムーズに進められることは間違いありませんが、癒着を許すわけにはいきません。

また、弁護士や司法書士への相談ですが、彼らは債務整理や契約をまとめることが主たる業務で不動産の売買となりますと、話は別です。

任意売却の知識やノウハウが豊富にある弁護士であれば、相談する価値はあると思いますが、任意売却の相談に行って、専門外のために、とりあえず自己破産を進めてくるような弁護士に”あたって”しまうと、後が大変です。

また、費用のことも見逃せません。

不動産会社に任意売却を委託すれば、基本的に持ち出し費用はすべて売却代金から支払う形になりますが、弁護士に相談すると、”相談料”が必要になってきます。

任意売却をするということは経済的に厳しいという状況にあるということを考えますと、そういった費用もできれば、持ち出しくないところではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

「任意売却はどこに相談すればいいのか?」と題してお送りしてきましたが、いかがでしょうか。

不動産会社の選び方について、もっと詳しく知りたいという方は「任意売却で査定をお願いするときの不動産会社の選び方とは?」の記事も参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

スポンサーリンク